話題のヒアルロン酸って何?どういう効果があるの?摂り方は?

そもそもヒアルロン酸とは何なのか

ヒアルロン酸、TVのCMなどでよく聞く名前です。身体に良いんだろうという事くらいは分かっていても、実はどんな物質なのかという事は知らない方が多いのではないでしょうか?ヒアルロン酸というのは、グリコサミノグリカンという物質の一種です。何のことだか…ですよね。高分子の物質で、体の中で大切な役割を果たしています。主に皮膚や筋肉、軟骨といった組織に含まれていて、身体の中の水分を維持する役割を持っています。ヒアルロン酸で保湿!ぷるぷる!といった謳い文句を聞いたことがあるのではないでしょうか。ヒアルロン酸というのは身体にとってなくてはならない成分なのです。

どういう事に使われているの?

よく耳にするのはヒアルロン酸注射ではないでしょうか。先ほど人間の身体にはヒアルロン酸はなくてはならないと言いました。しかし年齢とともにヒアルロン酸は減ってしまいます。特に軟骨のヒアルロン酸がなくなると関節痛などの原因になります。そこでヒアルロン酸を注射して、関節の動きをスムーズにするという訳です。また最近では美容整形でも、しわの部分に注入してしわを消すといった事に使われています。しわ消しといえばコラーゲンを思い浮かべる方もいると思います。ヒアルロン酸がコラーゲンより優れている点は、アレルギーが無いという事です。コラーゲンはタンパク質なので、注射の前にアレルギーが起きないかどうかテストする必要があります。一方ヒアルロン酸はタンパク質ではないので、アレルギーは起きないのです!ヒアルロン酸はこういった事に使われています。

気をつけて!効果がないヒアルロン酸の摂り方

今までの文を読んで、でもヒアルロン酸入りの化粧品とか健康食品って売ってるよね…と思った貴方、鋭いです。実は、ヒアルロン酸は口から摂っても全く効果がありません!先ほど説明した通り、ヒアルロン酸は高分子。そのままは吸収されるのではなく、小さな物質になって吸収されます。つまり口から入ったヒアルロン酸はそのままお肌や関節に行ってくれる訳ではないのです!また少しややこしいのが化粧水などのヒアルロン酸。もちろんヒアルロン酸には保水効果があります。肌に塗ることで化粧水の水分を保って、しっとりした肌を保ってくれる効果はあります。しかし、しつこいようですがヒアルロン酸は高分子。肌に塗っても浸透はしません。つまりヒアルロン酸が浸透してお肌ぷるぷる、という宣伝はウソになります。 私たちの身体に大切なヒアルロン酸。ウソの情報もしっかり見抜いて、健康に美容に役立ててくださいね!

肌の乾燥が気になる人はヒアルロン酸が配合されている化粧品が人気があります。乾燥から肌を守ってくれる働きがあります。